旦那がブラックでクレジットカード作成を悩んでいる専業主婦の方へ

旦那さんがブラックだとクレジットカードを作ることができないのではないかと悩んでいる専業主婦の方向けの内容です。ブラックとは、過去にクレジットを利用して延滞や滞納等金融事故を起こしている状態のことです。

 

金融事故を起こすと信用情報機関にその情報が登録されることになります。この状態をブラックと言います。もし旦那さんがいわゆるブラックであると、旦那さん自身がクレジットカードを作ることは難しいです。

 

同様に旦那さんがブラックの専業主婦のクレジットカードを作ることは難しいのが現状です。なぜなら、収入のない専業主婦の方がクレジットカードを利用してそれを返済をするのは旦那さんの収入が頼りだからです。

 

専業主婦の方がクレジットカードを申し込みを行う時旦那さんの情報を入力する必要があります。旦那さんの信用情報を調べることになります。そこでブラックだと審査通過が厳しくなるというわけです。もちろんあなた自身が金融事故を起こしてブラックの場合は審査通過は難しいのは言うまでもありません。

パート等で収入のある主婦の場合は問題ない

もしパートや正社員として企業で働いていて収入のある主婦の方であれば、旦那さんがブラックであっても審査通過する可能性が高くなります。なぜなら専業主婦としてではなく、アルバイト・パートあるいは社会人として審査に申し込むことになるからです。

 

ただ、働いていても収入が少なく夫の扶養に入っている場合は、旦那さんの信用情報を調べられる可能性があります。その場合は専業主婦の方と同様審査通過が厳しくなると考えられます。

 

旦那さんが金融事故を起こしている以外にも、旦那さんがカードローンで多額のお金を借りている、旦那さんの勤続年数が少ない、年収が著しく低い等他の条件でも審査ハードルが高くなります。まずは1つずつネックになっているものを潰していくことが大切です。

100%クレジットカードが作成できないわけではない!

旦那さんがブラックの専業主婦の方は、クレジットカード作成において困難を極めることは間違いありません。ただ、絶対にクレジットカード審査に通過しないというわけではありませんので、その点について少し解説しておきます。

 

クレジットカードの申し込みをするとき、あなたの名前、年齢等を入力することになります。それらの情報を元に審査が行われて、クレジットカードを発行しても良い人物かどうかの判断をします。職業欄には当然「専業主婦」と入力することになります。

 

この入力項目で重要なポイントは、旦那さんの情報を入力する必要があるかどうかです。カード会社によっては、あなたに関する情報のみ入力を要求して、旦那さんの情報を一切必要としないことがあります。そのケースでは、旦那さんがブラックでも関係ありません。

 

また、カード会社によっては旦那さんの情報を入力することを求められますが、あなた自身の信用情報を重視していることがあります。これらの会社のクレジットカードであれば、いくら旦那さんがブラックであっても審査に通過する可能性が多少はあると言えます。

 

今までクレジットカードを作成できなかったという方は関連記事をチェックしてみてください。

あなたに合わせて読んで欲しい記事

  • 専業主婦でも作りやすい審査の甘いクレジットカードを比較
  • 旦那さんの情報を入力する必要がないあるいは入力が必要でもあなたの信用情報を重視しているクレジットカードを厳選しています。旦那さんがブラックでもクレジットカード審査に通過した実績があるカードです。是非参考にしてくださいね。