専業主婦のクレジットカードの離婚後必要手続きまとめ

専業主婦の時に作成したクレジットカードが離婚後どのようになるのかについて解説しています。専業主婦の方が離婚をしてしまった場合には下記の事項の変更手続きを行う必要があります。

 

名義の変更に関しては基本的にカード裏面に記載されているコンタクトセンターに問い合わせをしなければいけません。その他の事項については会員専用WEBページより手続きを行えると思います。離婚ではなく結婚によって上記の事項に変更が生じる場合も同様に手続きを行う必要があります。

届け出必要事項

  • 名前
  • 離婚によって旧姓に変わるのであれば変更手続きを行う必要があります。また、離婚で変わる旨を伝えると良いでしょう。名前の変更はなかなかあることではないので書面での手続きが必要なことが一般的です。

     

  • 自宅住所
  • 別居によって現在の居住地から引っ越しをすることになるのであれば住所の変更を伝える必要があります。

     

  • 勤め先・勤務地
  • 新しく働くことになったら勤務先や勤務地について変更を伝えましょう。

     

  • 支払口座
  • 名字が変わると、変更後の名義での銀行口座を登録しなければいけません。

     

  • 電話番号
  • 自宅の電話番号が変わるときに手続きを行いましょう。携帯電話のみの登録であればそのままで問題ありません。

離婚後専業主婦として作ったクレジットカードはどうなる!?

離婚をすると専業主婦の時に作ったクレジットカードはどうなるのでしょうか?これについてはカード発行会社によって異なるというのが答えです。そのまま持ち続けることもできる可能性があります。ただ、その場合でも更新時に解約となってしまうかもしれません。その時になってみないとわかりません。

 

また、会社によっては、変更を伝えた時点で再審査となる可能性もあります。その場合は新たにクレジットカードを作ることが難しいかもしれません。旦那さんの収入を頼りにカードを作ったことになりますので仕方のないことだと言えます。できるのであれば職に就くことをおすすめします。

 

カードが使えなくなるからといって必要な手続きを行わずに使い続けてしまうことは避けましょう。最悪のケースでは、強制解約となり信用情報に登録されてしまう可能性があります。

 

今後のクレジットカード作成、ローン審査、住宅ローン審査に影響を与えてしまうことになります。特に名義が変わった場合は偽名でクレジットカードを使い続けていることになります。いずれにせよ重大な規約違反になりますので、必ず変更の申告をしましょう。

まとめ

離婚をして名義や住所等に変更がある場合は、迅速にクレジットカード会社に届け出を行わなければいけません。専業主婦として審査に通過したクレジットカードは、変更後再審査となる可能性もあります。その場合、クレジットカードを持ち続けることができなくなります。

 

しかし、だからといって変更の旨を伝えないのは良い選択だとは言えません。もし、そのまま使い続けてしまった場合最悪クレジットカードの強制解約・信用情報機関への登録となってしまいます。こうなると今後クレジットカードを作ることが難しくなりますので、必ず変更事項を伝えるようにしましょう。

あなたへのクレジットカードのご提案

離婚をしてカードを解約してしまったという方向けにクレジットカードの提案をします。やはり一枚もカードがないと不便だと思います。

 

主婦の方でパートをしている方であれば問題なくカード審査に通過することができます。一方、専業主婦で離婚後まだ仕事をしていないという方はまずは収入の得る必要があります。

 

ここでは仕事を持っている主婦の方を対象としています。緊急でカードが欲しいのであれば、即日発行対応カードが良いでしょう。収入があまりなくて審査が不安だという方は審査の甘いカードをチェックしてみてください。

 

その他気になるものがあれば読んでみてください。あなたのお役に立てれば幸いです。

属性やよく利用する店舗で選ぶ

年齢 お店

カードの特徴を比較して決める

即日発行 審査甘い
ETCカード おしゃれなデザイン
ゴールドカード 電子マネー
高ポイント還元率 海外旅行傷害保険